お知らせ

【 カテゴリ「イベント情報」の記事 】

2016年1月26日 (火)

てつぶんでせつぶん!おめんをつくろう♪

2月3日の「節分の日」にちなんで、
四国鉄道文化館南館では、「てつぶんでせつぶん!おめんをつくろう♪を開催しますsign01

鬼に扮した「てつぶん6姉弟」に色をぬって、オリジナルのおめんをつくろうnotes
せつぶんは、このおめんをつけて楽しんでくださいねwink

日時:1月30日(土)・1月31日(日) 10時~12時・14時~16時
場所:四国鉄道文化館南館

※参加は無料ですが、四国鉄道文化館入館チケットが必要です

Img_5345

2016年1月18日 (月)

講演会「四国に新幹線を~十河信二翁の生まれ故郷から~」

第4代国鉄総裁 十河信二氏は、「有法子」(ユーファーズ)精神(諦めるのはまだ早い・まだ方法はある)と卓越した手腕で、「東海道新幹線建設」を成功させましたbullettrain

十河信二氏の生まれ故郷である新居浜市中萩で、「十河信二元総裁と四国新幹線」を
テーマに演会を開催しますsign01


講師は、四国鉄道文化館 名誉館長でもある、四国旅客鉄道株式会社 相談役の 梅原 利之氏です。

十河信二氏の熱い思いと新幹線にスポットをあてながら、貴重なお話を聴くことができます。
みなさん、ぜひご参加ください。


日時:平成28年2月6日(土)13:00~15:00
場所:新居浜市中萩公民館
演題:十河信二元総裁と四国新幹線
講師:四国旅客鉄道株式会社 相談役 梅原利之氏
お問い合わせ:新居浜市中萩公民館 0897-41-6735


Photo

 

2015年12月 9日 (水)

12/13(日) 「シゴナナぷらす」開催!

12月13日()は、「シゴナナぷらす」開催日ですsign01

「シゴナナぷらす」は、C57-44の修復整備に携わった 大山正風さんを講師としてお招きし、
SLのしくみや構造を楽しく学ぶ活動ですpencil


今回の「シゴナナぷらす」は、おそうじ会&「機関士体験・シャーシー下部観察」ですtrain

興味のある方、ぜひ ご参加くださいnotes

Img_2562(前回の機関士体験の様子です)

Img_2539

日時:12月13日(日)13:00~(2時間程度)
場所:四国鉄道文化館南館 
講師:C57-44の修復整備に携わった 大山正風さん
対象:小学生以上 ※小学生は保護者の同伴が必要です
料金:無料
申込み・問合せ:四国鉄道文化館南館 0897-52-1303

12月のイベントはこちら↓↓
http://s-trp.lekumo.biz/info/2015/11/express-12-b64f.html


2015年9月24日 (木)

9/27(日) 「ミニSL乗車会」開催!!

9月27日(日)は、「ミニSL乗車会」開催日ですsign03

子どもたちに大人気の「ミニSL乗車会」happy01
ミニSL に乗って、四国鉄道文化館南館前広場を走ってみようtrainnotes


(前回のミニSL乗車会の様子です)

Img_3912 

Img_3907
ご家族そろって ぜひ四国鉄道文化館へお越しくださいrvcarsign01


☆ミニSL乗車会☆

日 時:9月27日(日) 10時~12時、13時~15時  ※雨天中止

場 所:四国鉄道文化館南館前広場

内 容:南館に整備した総延長約235mの軌道を走行します。

料 金:1回100円
※未就学児は無料ですが、保護者の同乗(有料)が必要です。 



2015年6月24日 (水)

てつぶんEXPRESS7月号♪

「てつぶんEXPRESS 7月号」 が完成しましたnotes

7/2(木)~7/5(日)の4日間、 「0系新幹線連結器」の特別公開 を行いまbullettrainsign03
ぜひ、「鉄道歴史パーク in SAIJO」に遊びにきてねrvcardash

Exp201507_2

2015年4月29日 (水)

GWイベント情報♪

四国鉄道文化館では、5月2日(土)~5月6日(水)のゴールデンウィーク期間中、

特製「駅スタンプポスター」が当たるくじびき会 shine
ペーパークラフト教室 train・ 軌道自転車(レールスター)乗車会 ・新幹線こいのぼり教室bullettrain  といった
さまざまなイベントを開催しますwinknotes  

さらに、北館前の広場では、西条うまいもの市が開催されます。
カレー・やきそば・かき氷 などなど
おいしいものをたくさん用意していますsmile

ゴールデンウィークは、ぜひ、四国鉄道文化館へ遊びにきてくださいねtrain


※なお、5月6日(水)は祝日のため開館いたします。
 代わりに5月7日(木)を休館とさせていただきます。



Exp201505_2

2015年3月 5日 (木)

ミニSL乗車会 開催 ♪

3月22日(日)に、 ミニSL乗車会 』 を開催しますsign01


四国鉄道文化館南館広場に整備している 延長約235メートルの軌道を、
ミニSLやバッテリー式列車で走行します train

みなさん、ぜひお越しくださいnotes



Img_1287_2 (※前回のミニSL乗車会時の写真です)



日 時: 3月22日(日) 10時~12時、13時~15時  ※雨天中止

場 所: 四国鉄道文化館南館前広場

料 金: 1回100円  ※未就学児は無料ですが、保護者の同乗(有料)が必要です。






2014年12月12日 (金)

愛光学園「鉄道研究部」制作の鉄道ジオラマ展示

~鉄道研究部員の技と情熱が結集したジオラマを披露~

 

愛光学園(松山市)の鉄道研究部員が制作した鉄道ジオラマsubwayを、

四国鉄道文化館北館で披露します。

 

このジオラマは愛光学園文化祭(9月開催)の展示に向けて、

部員が手作業で制作したもので、年々進化を続けています。

 

約6m×3mの大きさのジオラマには、

4_3

 
16両編成の新幹線が停車できる高架の駅や、

山や海岸、街並みなどの風景が、細部にわたって精巧に作り込まれています。

 

1_3 
1_4 
3jpg_2 
 

愛光学園「鉄道研究部」制作の鉄道ジオラマ展示は以下の期間に開催します。

皆さま、ぜひ四国鉄道文化館へお越しください。

 

●展示期間  平成26年12月14日(日)~平成27年2月11日(水)

       9時~18時(入館は17時30分まで)

●展示場所  四国鉄道文化館 北館

 

Photo_2

 

 

2014年11月17日 (月)

「鉄道ホビートレイン」を四国鉄道文化館で特別展示

~0系新幹線と仲良く並んで、「はい、パチリ」~ camera

 

0系新幹線を模した外観の「鉄道ホビートレイン」は、平成26年3月15日から

予土線の宇和島駅~窪川駅間で運行しています。

 

このたび、JR四国のご協力により、

四国鉄道文化館北館で現在展示している0系新幹線bullettrainと並べて

「鉄道ホビートレイン」を特別展示することとなりました。

 

この特別展示に併せて「ミニSL乗車会」も開催します。

皆さま、ぜひ四国鉄道文化館へお越しくださいsign01

 

★ 鉄道ホビートレインの展示

 展示期間:平成26年12月6日(土)~9日(火)

      9時~18時(入館は17時30分まで)

 展示場所:四国鉄道文化館 北館

 ※ 観覧には四国鉄道文化館の入館料が必要です。

 ※ 展示に先駆けて、12月6日の9時から関係者による記念式典を行います。

 ※ 特別展示期間中、DF50-1は屋外で展示(9時~16時30分)します。

 

★ ミニSL乗車会の開催

 開催日時:平成26年12月6日(土)・7日(日)

      10時~12時、13時~15時  ※雨天中止

 開催場所:四国鉄道文化館 南館

 内  容:総延長235mの軌道を走行します。

 料  金:1回100円

 ※ 未就学児は無料ですが、保護者の同乗(有料)が必要です。

 

 

<鉄道ホビートレインとは?>

予土線全線開通40周年と宇和島駅~近永駅間開通100周年を記念して製作された

観光列車です。車内にはショーケースが設置され、鉄道模型が展示されています。

 

12月上旬にショーケースの鉄道模型がリニューアルされ、四国鉄道文化館北館での

展示が最初の御披露目となりますsign03

 

 

20140302thb_2

 

予土線を走行する鉄道ホビートレイン(写真提供:JR四国)

 

 

Dscf6792_2

 

鉄道ホビートレイン車内(写真提供:JR四国)

2014年10月23日 (木)

紙芝居「十河信二伝」を上演!

10月25日(土)四国鉄道文化館北館で、

紙芝居「十河信二伝」を上演します。

 

この紙芝居は、西条市出身の漫画家・つだゆみさん著作のまんが「十河信二伝」を

幼児向けに制作したものです。

 

「新幹線生みの親」と呼ばれる十河信二氏について、“子育てつくしんぼの会”の

皆さんが、楽しく分かりやすく読み聞かせてくれますbullettrain

 

ぜひ、10月25日(土)は、四国鉄道文化館へお越しくださいhappy02

 

○上演日時:10月25日(土)

 <午前の部 2回> 10時~/11時~  <午後の部 2回> 13時~/14時~

 ※各回15分程度の上演

○観覧料:無料(ただし、四国鉄道文化館の入館料は必要。未就学児は無料)

 

 

Photo_2