ブログ

2021年4月17日 (土)

【南海放送ラジオにて十河信二が紹介されました】

毎週土曜日12時より放送の南海放送ラジオの番組「坂の上のラジオ」にて、

4月生まれの偉人として、「十河信二」について紹介番組に

「十河信二記念館」館長加藤圭哉が出演いたしました。

1時間の番組では、十河信二の生い立ちから国鉄総裁になり新幹線を実現する経緯等、

佐伯りさアナウンサーと対談しました。

20210417_3
 

十河信二は、旧制西条中学校(現:西条高校)出身で、東京帝国大学卒業後、鉄道院に入ります。

これは、当時の鉄道院総裁・後藤新平との出会いに影響を受けてのことです。

以降鉄道の仕事に就きますが、61才の時に西条市長、71才の時に第4代国鉄総裁となります。

当時、周囲の反対を受けながらも強い信念を持って

新幹線」計画を推し進め、東海道新幹線の開業を実現しました。


S37_2

 ↑ 写真中央が十河信二、右から2人目長身の男性が島秀雄です。


新幹線生みの親」十河信二の色々なエピソードを、1時間ご紹介させていただきましたが、

最後に、佐伯アナウンサーから、加藤館長へ「坂の上」に見つめているものを教えてください

という問いに対する答えを写真に撮りましたので、ご覧下さい。


20210417_1_2


なお、この「坂の上のラジオ」の今回の放送回につきましては、
「radiko」のタイムフリーで一週間は聞くことができるようですgood


番組ホームページは ↓  こちらにも、放送内容の一部が紹介されていますhappy01

南海放送ラジオ「坂の上のラジオ」
https://blog.rnb.co.jp/sakanoue/

2021年3月28日 (日)

「0系ぷらす」開催しました。

今日は朝から雨rainの一日になってしまいましたが、四国鉄道文化館北館では、
新幹線のおそうじ&勉強会「0系ぷらす」を開催しましたbullettrain


まずは、0系新幹線のお掃除をします。

ぞうきんを絞って、新幹線の中をみんなで磨きます。

1img_36161

手分けして、みがいていきます。

4img_36251_3

 

この0系新幹線、2000年に引退する時には、山陽新幹線「こだま号」として
活躍していましたbullettrain

みんなでshineピカピカshineにしましょう。

3img_3623_4



次に、0系新幹線の連結器を開けていきますhappy02


中はどうなっているのか、みんなの目が注がれますeye

5img_3658_2

 

力を合わせて引っ張りますsign03


7img_37021_2

 

連結器の中の説明を真剣に聞いていますhappy02

8img_3683_2


0系新幹線も最新の700系新幹線も、中のしくみは同じなんですねeye

普段見ることができない連結器の様子に、釘付けです。

大きなヘッドカバーと一緒に記念写真。

10img_3694_3

 
連結器を元に戻したら、自分達でネジを締めていきますrock


Img_3712


最後に、みんなの質問コーナーsign03

Img_37171_2


案内をした当館スタッフは、元JR西日本の社員で、
ずっと新幹線業務に携わっていたので、色んなお話を聞けましたねhappy01


本日の「0系ぷらす」いかがでしたでしょうか?
ご参加いただいたみなさん、有難うございましたconfident

14img_3647



次回の「0系ぷらす」は5月に開催予定です。お楽しみに!

2021年3月13日 (土)

桜満開!キッズルームが春のよそおいに。

Img_3611

寒い季節が過ぎ、吹くかぜも日に日に暖かくなって来ましたsunlovelysun


そろそろ桜のつぼみもふくらむ季節happy01


南館キッズルームでは、一足早く桜が満開に!!cherryblossomcherryblossomcherryblossom


手作りの桜見物に、ぜひお越しくださいnote

めずらしい車両♪

昨日、伊予西条駅のホームから、大きなエンジン音が聞こえてきますear

見ると、「JR四国 N2000系」の姿がlovely

あいにくのお天気でしたが、伊予西条駅ではめずらしい車両を見ることができましたnotes
多くの鉄道ファンがカメラに収めていましたよcamerashine

Dsc_8492_3

 

2021年2月21日 (日)

「シゴナナぷらす」開催しました

今日は朝から、暑いくらいの陽気でしたねsun

四国鉄道文化館南館では、本日、SLのおそうじ&勉強会「シゴナナぷらす」を開催しましたhappy01

本日の講師は、四国鉄道文化館の加藤館長です。

2img_35682

 

まずC57(シゴナナ)のミニSLを前に、蒸気機関車のことや、その歴史、

走る仕組みなどの説明がありましたhappy01
 
するどい質問にも、館長が丁寧に答えていきます。

説明を受けた後は、実際に本物のC57(シゴナナ)を見ながらのお話です。


4img_3561

みんなの背丈よりも大きい動輪にびっくりsign03です。

3img_35681
運転席も、普段は閉めて中には入れませんが、今日はオープンheart04

簡単な説明を受けたら、みんな運転席で写真撮影です。


4img_3571


そして、C57(シゴナナ)のとっておきの秘密の場所を公開です。

どこかわかりますかwink

みんなも身を乗り出して、のぞきこんでいますね。


4img_3573_3

 
次に、グループごとにシゴナナに上がって記念写真を撮影。


7img_35871


みなさん、良い写真撮れてましたねhappy01

6img_3598

最後に、C57(シゴナナ)のお掃除です。

サビ止めの油をつけて、丁寧に磨いてくれましたconfident


5img_35971

その間にも、館長からクイズがsign03

頑張って答えを見つけてくれましたね。

「シゴナナぷらす」いかがでしたでしょうか?
楽しんでくださったかな?

ご参加いただいたみなさん、有難うございましたhappy01

8img_35841


次回の「シゴナナぷらす」は4月に開催予定です。
ホームページ等でお知らせしますので、チェックしてくださいねhappy02
お楽しみに!


2021年1月14日 (木)

「天野英男 鉄道コレクション展~オレンジカードにみる北海道を走る車両たち~」を開催中!

現在、四国鉄道文化館北館で「天野英男 鉄道コレクション展~オレンジカードにみる北海道を走る車両たち~」を開催中ですsign01

Dsc_8463
今回は、JR北海道の車両がデザインされたオレンジカードを中心に、約500点を展示してますsign01

Dsc_8464
北海道の雄大な自然のなかを走る懐かしの車両や、煙をはきながら力走する蒸気機関車など、さまざまなオレンジカードを展示していますeyeshine

Dsc_8465

Dsc_8466 

鉄道コレクション展は、2月14日(日)まで開催していますwink 来館の際に、ぜひご覧くださいnotes


期間:~2月14日(日)まで
場所:四国鉄道文化館北館

2021年1月 4日 (月)

ミニ列車のテスト走行しました。

みなさん、四国鉄道文化館南館前には、ミニSLの軌道があるのをご存じですか?

今日、その線路でミニ列車のテスト走行が行われましたnew

Img_3513


これは、スイス国鉄の460形電気機関車をモデルにし、   

当館の鉄道ボランティアのTさんが自作された車両です。

Img_2173


これは、2019年の5月に撮影された、製作途中の写真で、

車体の形ができあがったところですhappy01


Img_3509

今日は、車両の前には「正月飾り」を付けての走行でした。

Img_3519
ミニSL乗車会の時は、先頭に赤い機関車+2~3両の乗用車両+青い機関車を後へ

連結したスタイルになるそうですconfident



早くコロナが収束し、みなさんと一緒に乗車会を楽しめるようになると良いですねheart04

2020年12月20日 (日)

「C57ぷらす」を開催しました!

本日、SLのおそうじ&勉強会「C57ぷらす」を開催しましたsign01

Img_3471
初めに、SLについて簡単な説明を聞きますwinkSLの動くしくみを勉強中pencil

Img_3478


次は、SLのおそうじですflair

SLを綺麗な状態で保つには、定期的なメンテナンスが必要ですshine
今日は、サビ止めの油をつけて、布で磨く作業を子どもたちといっしょに行いましたgood

ヘルメットをかぶり、準備万端sign01動輪や連結棒などをていねいに磨いていきます。

Img_3483

磨きながらよ~く見ると、各パーツに「C57 44」の刻印がeyeshine刻印を見つけては、「ここにもある!」と盛り上がりましたhappy02

Img_3505

最後に、運転席に座り記念撮影をして、今回のC57ぷらすは終了しました。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございましたlovely次回もお楽しみに~note

Img_3500 

2020年12月13日 (日)

【紙芝居やってます!「十河信二伝」】

本日、四国鉄道文化館では、
第4代国鉄総裁・十河信二(そごうしんじ)について、
紙芝居で紹介するイベントを行いました。

月に一度「つくしんぼの会」のみなさんが、
0系新幹線の前で、十河信二について紹介をしてくださっています。


「紙芝居の始まり始まり~」

いよいよ紙芝居がはじまりますhappy01

Dsc_0232

今から56年前の
昭和39(1964)年10月1日に「東海道新幹線」が開通しました。

「0系新幹線」の誕生です。

その誕生にはどのような物語があったのでしょうかsign03

Dsc_0236


話も進み・・
真剣に見てくださってますねhappy02

「新幹線の生みの親」と言われる十河信二の生涯。

今は当たり前にある「新幹線」が、どのようにして誕生したのかeye

Dsc_0237

これ、実は大人にも好評ですheart04

紙芝居の後に、0系新幹線を見ると、また違った見方で見れますねhappy02

本日も、皆様ご参加いただきまして、ありがとうございましたconfident

次回は、来年1月10日開催予定です。

お楽しみにsign03


次回日時(予定):令和3年1月10日(日) 13時半~
場所:四国鉄道文化館 北館
※無料です。入館料のみお願いします。
※新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、中止もありますので
 開催については、当館ホームページでご確認ください。

2020年11月29日 (日)

いよいよ12月。クリスマスの飾り付けしております。

もうすぐ12月。

今日から四国鉄道文化館南館では、クリスマスの飾りつけをしております。

南館のキッズスペースは、クリスマス一色heart04

早速、ご来館のお客様が・・

まずは、ツリーをじっくり見てくださっています。

Dsc_0247


どうですか? すごい細かいでしょうeye

今年のクリスマスツリーは一つ一つポインセチアの切紙

できておりますsign03 

実は、当館の鉄道ボランティアさんが作ってくれました。(有難うございますconfident

そして、記念写真を「パチリ!happy01

Dsc_0251


可愛く撮れてますheart04 

こんな感じで、館内いろいろクリスマス展示しています。


 

Dsc_0242_2



あちこち見てくださいねhappy01









2020年11月22日 (日)

オリンピックの聖火が十河信二記念館にやってきました!

本日、十河信二記念館で「東京2020オリンピック聖火」の展示が行われましたhappy01

オリンピアンである松山市出身の佐伯美香さんをゲストにお招きし、オリンピックの体験談も聞かせていただきましたear

ギリシャで採火された聖火が海を越えて、はるばるここ西条市へやってきたと思うと、感慨深いものがありますねflair


では、なぜここ「十河信二記念館」にオリンピックの火がやってきたのでしょうか。


今から56年前の1964(昭和39)年10月10日「東京オリンピック」が開催され、

それに間に合わせて、10月1日に「東海道新幹線」が開業しました。

「0系新幹線」の誕生です。

Pic_1_2


その「新幹線」建設に力を尽くして、「新幹線の生みの親」と言われているのが

第4代国鉄総裁である「十河信二(そごうしんじ)」です。

Photo_3

 
写真は、新幹線試作車両の運転レバーを握る十河信二です。



Img_9518



Img_9525_2



Img_9523


Img_9492

あっという間の2時間。

短い時間ではありましたが、

みなさん楽しそうに眺めたり、思い思いに写真に収めていました

とても貴重な体験になりましたね。



2020年10月17日 (土)

もうすぐハロウィン!

もうすぐハロウィンですが、

今年は、コロナの影響でいつもとは違う過ごし方になりそうです。


当館でも、例年ハロウィン工作をしていましたが、

今年は中止しています。


Img_3438


でも、

四国鉄道文化館南館のキッズルームが

ハロウィンバージョンに大変身happy01


Img_3440

Img_3444

10月末まで、かわいくてちょっぴり怖いキッズルームに変身中ですheart04

遊びに来てくださいねshine



2020年8月29日 (土)

四国鉄道文化館に大きな虹が♪

昨日の夕暮れ時、大きな虹がheart01



帰宅途中に気づいた方も多かったのではないでしょうかconfident
よく見ると、うっすら二重になってますcoldsweats02shine

Img_9299_2


1日の疲れを癒してくれるとってもきれいな虹でしたlovely

Img_9296

2020年8月 6日 (木)

ジオラマに「DE10」と「キハ65」が仲間入り

昨日、当館は休館日でしたが、

四国鉄道文化館・南館ジオラマのメンテナンスをしていましたhappy01

ジオラマの中では、伊予西条駅を中心に

四国鉄道文化館十河信二記念館などの施設が忠実に再現されておりますが、

南館の車両展示場に、新しく「DE10」「キハ65」の車両模型 が設置されました。


これは作業中の様子eye

Img_9268


中に「DE10」と「キハ65」が見えますねsign01



Img_33961


Img_92831

当館のジオラマは、四国の観光名所や鉄道の様子を

ギュッshineと集めてきたような、つくりになっています。

細部にまで、とてもこだわった作りになっていますので、じっくり見てみてくださいねnote

2020年7月26日 (日)

「アンパンマン列車模型展」開催中!

4連休最終日の今日、ここ愛媛県西条市にある

四国鉄道文化館は雨が降ったりやんだりの一日になりそうですcloudrain

ただ、昨日と違って暑くもなく寒くもなくといったところでしょうかconfident


1img_9239

現在開催中の「アンパンマン列車模型展」ですが、

転車台」風の展示で目を引く模型は、本物そっくりsign03


2img_9241

ここではお馴染みの予讃線を走行する「予讃線8000系アンパンマン列車」もいますheart04

また、「アンパンマン列車」の歴史が一目でわかるパネルを展示していますが、

3dsc_0949

そのいくつかには、「模型展示中!」のマークがeye

その車両が、展示されているので探してみてください。

4dsc_09441



いつも来てくれる男の子。最新の「2700系土讃線アンパンマン列車」を見つけて
ニッコリhappy01です。


「アンパンマン列車模型展」は夏休み期間中、8月末まで開催しております。

是非みなさま、遊びに来てくださいね。

期間:7月23日(木・祝)~8月31日(月) 9時~18時(入館は17時30分まで)
場所:四国鉄道文化館北館
協力:四国旅客鉄道株式会社
※見学には、四国鉄道文化館の入館料が必要です。